多忙な医学生のブログ

多忙な医学生です。色々書いていきます。

親やうざい奴になんかウザい事を言われたときの防衛戦術。

「お前そんなのもできねーの?」「お前馬鹿じゃねーの?」「お前不細工なのに~」

 

ウザい事を言われたとき、心にグサッとくることを言われたときあなたはどうしているだろうか?

その場で言い返す人、ぐっとこらえる人様々いるであろう。

だが心の処理はできているだろうか?心は正直だ。いやなことを言われた時点で何を言い返そうと心には届いているものなのだ。

 

こんなときに私がとっている有効な対処法をお伝えしよう。

 

1.脳内会話を活用する。

 

 

人間は外部に話す言葉以外にインナーワードと呼ばれる脳内会話を無意識のうちに使っている。

この脳内会話は一日3万語話していると言われており通常の会話より圧倒的に無意識に働きかけるため自己暗示の際にこのインナーワードを使うと良いとされているのだ。

 

このインナーワードを使い防衛するのだ。

 

何かいやなことを言われたら頭の中で「お前には関係ねー俺はできる。お前と違うんだ」とひたすらひたすら繰り返すのだ。

 

一見馬鹿げているかのように見えるかもしれないがこれは実に効果的で脳内が次第に落ち着きを取り戻しむしろ自信すらみなぎってくるのである。

 

無意識を司っているインナーワードがポジティブになれば心もポジティブになるのである。

 

2.解釈の書き換えを行う。

 

これは過去起こったいやな出来事や過去に言われたいやなことに非常に有効である。

 

TEDスピーチでも心理学者も語っていた方法なので効果は間違いなしである。

 

解釈の書き換えとはそんな難しい事はなく起こった出来事を都合よくとらえるという方法である。

 

コツとしてはめちゃくちゃアホみたいにポジティブに自分勝手にとらえることである。

 

例えば

「お前ってウド鈴木に似てるよなーwww」と言われたら「ああ、あいつはあのときああいったけど実は俺がイケメンすぎるから俺に嫉妬してたんだな」と考えるのである。

 

若しくは

 

女の子にふられたのならばあの時は光の角度が悪かったから不細工に見えたのかも仕方ない。

あの時は喉に誇りが詰まっていたからうまく話せなくてふられたんだと考えるのである。

またはあの女の子は実は映画MIBみたいに中にエイリアンが入っていたから付き合わなくてよかったと考えるのだ。

 

とにかく想像力を働かせて馬鹿みたいにポジティブにとらえるのだ。

 

そうすると不思議とスッと気持ちが楽になるから不思議である。

 

以上2つの方法を駆使すれば君は人間関係、嫌な事に遭遇しても怖いものなしである!